姉agehaという雑誌のコピーがとても素敵なので、この記事をシェアしますね。

この中でも印象的なのは

それ、誰が決めたの?

この短いフレーズですが、とてもインパクトがありますよね。

「大手なんて受かりっこない」→それ誰が決めたの?

「起業してもうまくいくわけがない」→それ誰が決めたの?

「私なんて能力も強みもない」→それ誰が決めたの?

こうして自問自答してみると、自分の中で制限をかけて思いこんでいることは多いのではないでしょうか?

これ、エリス博士のABCモデルや認知行動療法で言う認知の歪み(この言葉もあまり好きではありませんが)でもあります。

人は自分で自分に制限をかけてしまうこともあれば、誰かの言動によって自分を枠に閉じ込めてしまう、心に蓋をしてしまうということもあります。

他人の基準で自分を判断するのではなく、自分が何を軸にして選んでいるのか?決めているのか?を明確にしていくことで、使い古された言葉ですが「自分らしい人生」を歩んでいくことが出来るのではないかと思います。

「“世間の目”なんて気にしないで楽しんだ者勝ち!私の人生、自分が主役♡」

これも姉agehaのキャッチコピーです。

雑誌やCMのコピーをたまに意識してみてください。

起業している方、これからしようとしている方は魅力的なキャッチコピーを作るための言葉に触れる良い機会になりますし、ここまでインパクトのあるものは使いづらいにしても、就活中の方にとっては短い言葉で自分を伝える時にどんな言葉を選ぼうか?という時の参考になるかと思います。

 

===
sponsorlinks