プロフィールコーチング®のすぎもとかおるです。

先日、ブログで

「プリントアウトして読んでみる」

ことの大切さをお話ししました。

これは客観的に見るということに一役買ってくれます。

客観的に見ることは自分ではなかなか難しい・・・

だからこそ、プリントアウトしてみるという視点が必要です。

また、読んでみるとわかるのですが、

なんか腑に落ちない・・・と感じるときは、何か理由があります。

そして、そんなもやもやを感じた時に大切なのは

【事実を事実として認める】

ということ。

私は最初プロフィールに「自分のスキンケアで悩んでいた」

とは書けませんでした。

それは、「隠したい事実」だったから・・・

です。

プロフィール作りで皆さん何が大変かというと、
「自分の実績なんてあまりないです」
「書こうとするとこんなこと書いて良いかとわからなくなるんです」

とおっしゃることが多いのです。

その奥には、

★かっこいいプロフィールを書きたい!

★少しだけでも自分をよく見せたい!

という思いが潜んでいるかもしれません。

そういう自分が書こうとしているプロフィールはどこなく腑に落ちない・・・

突き詰めていくと、きっと自分が悩んでいたこと、でも実はあまり知られたくないこと・・・

そんな中に、共感を呼ぶヒントは隠れているかもしれません。

でも・・・あからさまに、プライベートを暴露しろと言っているのではありません。

自分が悩んできたこと、それを克服したこと、

または誰かとの出会いによって変わったことなど、

事実をありのまままずは書き出してみてください。

自分が、スルーしてきたことやあのときのあれがあったから今の自分がいるんだ!

と思う事実に出会うと、そこから快進撃が起こります(笑)

かっこ悪い自分をそのまま書いてみると
なんか頑張ってきた自分が愛おしいと思えて来るかも♪

だから、そこを十分認めたうえで書き始めれば
案外すらすらと書けるものです。

ビジネスに使うプロフィールは、

そのままの自分が伝えられてこそ相手に響く!

のです。

もちろんビジネス以外でも、それは同じです。

ヒントは初めてであった人とお友達になるときのプロセスです。

想像してみると、お仕事にも通じることがたくさんありますね。

 

==================

◆魅力が伝わるプロフィールの作り方◆

プロフィール集客術

プロフィールコーチング・コピーライター すぎもとかおる

↓ご登録はお気軽に・・・(購読後の解除は自由です)

形のない商品を売る人のための魅力が伝わるプロフィールの作り方◆3ステップ無料講座

お問い合わせフォームはこちら♪

メールでも受け付けています。

メールはこちら♪

私のサロン&スクール香りと色彩のアトリエ紗泡(SAPO)のサイトはこちら♪