プロフィール作成コーチのすぎもとかおるです。

今日はチラシに載せる○○とは?

というタイトルでコラムを書いてみます。

今日の動画はこちらです。

この記事と合わせてお読みください。

http://youtu.be/0qwNLvz-HKQ

皆さんは、起業しよう!と思ったときどんな行動を取りましたか?

ブログなどのネット系のことと、もうひとつ。

名刺やチラシを作らなくては!と思いませんでしたか?

もし作ったチラシがあったら、そのチラシをもう一度見てみてください。

そして、自分のチラシに【プロフィール】が載っているか確認してください。

チラシにプロフィール載せていた方、手を挙げて!(笑)

どのくらいの確率でプロフィールを載せていたか気になるところですが・・・。

あなたのチラシがもし、

・屋号

・メニュー表

・連絡先(問い合わせ先)

などの他にプロフィールを載せていなかったら・・・

今日からプロフィールを入れたものに作り変えてください。

細かいことを言えば、
プロフィールで伝えていることとメニューのネーミングやキャッチコピーに一貫性があるのは大前提です。

以前、イベントでチラシ添削ブースをコラボでしたことがあります。

http://profile-coaching.com/repo03/

この時、添削した14名中、12名がプロフィールを書いていませんでした。

これには衝撃を受けました(笑)

実に85.7%の方が、チラシにプロフィールを載せていなかったのです!

もし、同じ60分5000円のメニューが載っている子連れ大歓迎のアロマサロンのチラシAとBがあったとします。

Aには、プロフィールに

2歳のイヤイヤ期のお子さんを持つママのためのストレスリセットアロマセラピスト」

とあって、自分が孤独な育児でノイローゼになりそうだった経験、特に自分の子供が2歳の時に辛かったけれど、その辛さを乗り越えるとき、助けてくれたのがアロマだったので、資格を取って開業したというような内容が書いてあります。

 Bには、プロフィールもなく、メニューの金額とお子様連れOK,そして連絡先のみが表示・・・

だとしたら、あなたはどちらに連絡をしたいと思いますか?

同じお金を払うのに、最初の敷居が低いのはどちらでしょうか?

 

もちろん、Aですね! 

最初に「私はこういう人です」と伝えておくことは、お友達になるプロセスと似ています。

つまり、自分からチラシで【自己開示】しておくことです。

お互いに趣味とか好きな音楽などと話していくうちに、親しみがわいてくるのと同じです。

会う頃にはお客様は親しみを持ってサロンを訪れてくれるのです。

また、チラシにプロフィールを載せておくことによって、講座やセミナーなどの依頼が入る可能性も高くなります。

こんなスキルを持っていて実績があるなら、ぜひうちの幼稚園でしてくれませんか?

などというように、役員さんから問い合わせがくるかもしれません。

お客様があなたのセラピーをお友達に紹介してくれるときもあれこれ説明するより、チラシがあったほうがより伝わりますし、ご紹介もしていただきやすくなります。

そして、プロフィールを作っておくと、講座などのチラシにもそのプロフィールは使えますし、上の人に話をするときに企画書に添付することもできるので、話の進展もしやすくなります。

また、当日司会の方の講師紹介もそのまま渡せばOKというメリットも(笑)

 ※私は自分のプロフィール入りのチラシを何度となく司会の方にお渡ししています。

PTA研修などの場合は、司会の方はドキドキされているのでチラシをそのまま読めば良いのだと、ホッとされていました。

私のスクールの卒業生の方は、ある仕事の依頼が来たとき・・・。

肩書きは、公的なもの(社団法人)を提示したそうですが、

「その団体のPRになるような肩書きは避けてください」

と言われたそうです。

この話もビックリでしたが
(資格を伝えたほうが信頼してくれると思っていました)、
何よりプロフィールコーチング®で作っておいたプロフィールと自分だけの肩書きが役に立って、すぐに対応が出来て焦らずに本当に良かったと報告してくれたのでした。

プロフィール作りは、とても大変な作業だと思っている方も多いのですが、作り直して取り組んで完成した時のメリットもその分大きいのです

繰り返しになりますが、チラシには必ず、プロフィールを入れてくださいね。 

=============================

↓ご登録はお気軽に・・・(購読後の解除は自由です)

形のない商品を売る人のための魅力が伝わるプロフィールの作り方◆3ステップ無料講座 

お問い合わせフォームはこちら♪ 

メールでも受け付けています。

メールはこちら♪ 

私のサロン&スクール香りと色彩のアトリエ紗泡(SAPO)のサイトはこちら♪