質問以上に大切かもしれないフィードバックしていますか?

軸を価値に変えて魅力が伝わるプロフィールの作り方
プロフィールコーチング®のすぎもとかおるです。

コミュニケーション力の大切さがあちこちで言われている今、改めてコーチングでとても大切なフィードバックについて考えて、それをお仕事へ活かすポイントについて話してみたいと思います。

コミュニケーションに必要なものは、何でしょうか?

例えば
傾聴と言われる聞く力
的確な質問力
受け止める力

こういうものを効果的に発揮していくことが大切ですが、最近特に感じているのは

フィードバックの大切さ

です。

フィードバックとはどういうことでしょうか。

心理学的やビジネスの場などでの定義がいろいろありますが、コーチングでのフィードバックは

・事実をそのままに伝える。
・自分が感じたことを率直に伝える。

ということです。

※更に正のフィードバックや負のフィードバックがありますが、ここは今日は割愛します。

フィードバックの持つ意味と目的はどういうことかというと
例えば目標達成に近づくための認識や軌道修正にも使われます。

クライアントが今の自分の位置・場所を確認することで、目標など目指す方向に向けて行動を自分で修正していくために必要なことです。

言ってみれば、地図上で自分の位置情報を確認して、目的地までどうやって行くかを考えるために必須と言っても過言ではありません。

先日もある士業の先生のプロフィールコーチング®をさせていただいたのですが、話をまとめてお伝えすると、
とても良く聞いてくださって、お考えを整理されているようにお見受けしました。

自分が話したことを、まとめてもらい、コーチにフィードバックされると、更なる気付きや頭の中の整理につながるようで、新鮮に感じるという方もいらっしゃいます。

これまでもクライアントとのコーチングでフィードバックの時間になると、独特の空気感になることがとても多いです。

コーチングセッションでのお話をしましたが、この「フィードバック」はどんなお仕事でも、コミュニケーションでも有効です。

例えば、セラピストさんでエステをしたときの前と後をわかりやすくお伝えすることもフィードバック。
例えば理想の体型になるまでに今どのあたりなのか?が確認できるような工夫をすると、お客様も目指すゴールをイメージしやすくなるでしょう。

例えば、カウンセラーさんがクライアントさまへお話をまとめて伝えるのもフィードバック。
まとめてもらったことで、自分の気持ちが整理出来たり、自分が何を話したのかを意識して、気付きが促されることもありますね。

例えばコンサルタントや何かを教える方でしたら、習得の度合いや経過を聞いてのフィードバック。

別の視点だと、お客様からのご感想だって大切なフィードバックですよね。

「勧めてくれたあの商品、とっても良かったわ!」
とか
「先日の施術の後、ずっとあったかくて足が軽くて助かったの」
などとしたことに対してフィードバックをもらえると
提供する側だって嬉しいですよね。

このフィードバックは、うわべだけで聞いていたり、寄り添う気持ちやきちんと相手のことを見る、体験して実感するということをしていないと、的確には行えないことなのです。

更にはプロとして、サービスを提供するときに、お客様との心の通ったコミュニケーションを行うのは当たり前ですが、更に的確に伝え、フィードバックすることが、お客様との深い信頼関係につながって行くのです。

ぜひフィードバックをいろいろなところで意識してみてくださいね。

============

↓ご登録はお気軽に・・・(購読後の解除は自由です)

のない商品を売る人のための魅力が伝わるプロフィールの作り方◆3ステップ無料講座

ネタがない!書けない!は卒業♪ どんどん♡すらすら更新出来る♡ プロフィールコーチング®流 魅力が伝わるブログの続け方 12ステップ無料メール講座

お問い合わせフォームはこちら♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です