プロフィールから始まる自己表現と自己紹介

軸を価値に変えて魅力を伝えるプロフィールの作り方のすぎもとかおるです。

 

「自己表現が苦手です」
というお声をよく聞きます。

私も若い頃は本当に苦手でした。

今でもやっぱり苦手です。

学生の頃、カルチャーセンターの話し方・スピーチ教室にまで通っていました。

色彩やパーソナルカラーの勉強をしたのも同じ頃。

12961506_961523257230397_6113309336461384509_n

資料を見直すとなんと

1993年!

どれだけ年月が経ったのでしょう(笑)

今思うと、そういうトレーニングが
今の仕事で時を経て役立っていると感じています。

佐藤先生は

====
表現されない実力はないも同じ
====

というメッセージを当時から発信していました。

私はこの言葉に

「あ~自分は全然できていない。だめだ~」と思ったものです。

少々インパクトがあってキツく、厳しい言葉ですが、
起業して自分で稼いでいく、ということは
やはり、自己表現してこそ伝わり、
お客様が集まる!

とも言い換えることが出来ます。

だとすれば

自分を表現するためにプロフィールを作ることがどれほど重要か?
ということです。

人柄を伝える

実績を伝える

サービスを伝える

そのために出来ることは?

伝えたことが伝わっているかどうかは確認が必要です。

だからこそ、プロフィール作成のための棚卸しが受容です。

ある経営者はニュースレターに毎回プロフィールを載せると言っています。

しつこいと思われないか?

と私たちは遠慮してしまいがちですが、
100%読まれているのは限りません。

初めてニュースレターを送る人もいる。

だとしたら、自分を知ってもらうという機会に
プロフィールは必須ということになりますよね。

プロフィールをしっかり作っておくと
自己表現にも自信が生まれます。

だからと言って、自分がぐいぐい前面に出て
これでもか!
とアピールするということとは違います。

自己表現として、表現されていない「実力」を洗い出し
もし、表現していない部分があれば
プロフィールに盛り込むために見直してみてくださいね。

そこが出来れば、表現力を磨いていくと

「自己紹介」もスムーズに出来るようになってきます。

文章とスピーチ、どちらも大切な自己表現。

出来るだけ思い通りに伝えて仕事が取れるパフォーマンスアップを図りたいものですね。

=============================

↓ご登録はお気軽に・・・(購読後の解除は自由です)

形のない商品を売る人のための魅力が伝わるプロフィールの作り方◆3ステップ無料講座

お問い合わせフォームはこちら♪

メールでも受け付けています。

メールはこちら♪

私のサロン&スクール香りと色彩のアトリエ紗泡(SAPO)のサイトはこちら♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です